口の中のエキスパート

守備範囲は広い

口腔外科とは、虫歯や歯周病以外の口腔全体の病気を扱う診療科のことです。歯に関わる部分も多いことから、大阪でもほとんどは歯科医師が担当していますが、医師が行うこともできます。対象は埋伏歯、顎関節症、口内炎、良性腫瘍、顎嚢胞、粘液嚢胞、唾液線炎など多種多様です。この中でポピュラーなのは埋伏歯です。永久歯が途中で止まって歯茎に完全に出てこないもので、他の歯に悪影響を与えたり、歯周病を起こすことがあります。横に倒れていたり顎骨と癒着している場合があるので、通常の歯科医では対処しきれず、口腔外科の出番となります。また舌ガンなどの悪性腫瘍も守備範囲ですが、転移などに対する措置が必要なため、大阪でも近隣の医師との連携を図っています。

将来求められること

将来の口腔外科に求められることは、まず機能性と審美性の回復です。例えば口腔内のガンは切除により欠損部分を発生させます。これは目立つ場合が少なくなく、生活の室が落ちてしまいます。また機能性も備われる場合があるので、可能な限り再建することが求められます。大阪でもライフワークとして取り組んでいる歯科医師がいます。また口内環境を清潔に保つように措置したり、患者に指導することも必要です。口は常に外界に開いており、飲食や接触を通じて、さまざまな病原菌を取り込んでしまいます。例えば顎骨に病原菌の巣がある場合、血液を介して菌が拡散し、心臓や肺に病気を引き起こすケースが確認されています。常に口内を清潔に保つことで、リスクを下げることが可能です。大阪の口腔外科では、その指導も積極的に行われています。